妊活から出産 どのタイミングでするか?

医学的見地からすれば、女性の出産は25歳前後が最も適した年齢と言われています。
また、できるだけ経済面や健康面などの環境を整えてから妊活を始めたいと思うでしょう。

とうぜんその状態の方が、赤ちゃんにとっても幸せだといえます、
妊活のタイミングというのもこの辺りをベースに考えられます。

多くに人は環境を考えて、妊娠出産を計画し妊活を始めます。
また環境を整えるための事柄として、妻の仕事のことや住宅事情、
夫婦の年齢などについても夫婦でよく話し合う必要があります。
なかなか年齢だけで妊活を始める訳にもいかないのが実情でしょう。

その一方で、結婚してしばらくは二人の生活を楽しんで、さていざ出産しようと考えたら…。
いざ赤ちゃんが欲しいと思ってもなかなか妊娠しない、
いつでも妊娠すると思っていたのに‥ということは珍しくありません。

そして妊活でがんばってもなかなか結果が出ない、これもよく聞く話です。
いつ妊娠するかは天のみぞ知る。これを言ってしまうと身もフタもありませんが
子供を出産するということは、そういう側面もある考えなくてはなりません。


妊活はともかく一人目を…というイメージですが、兄弟の事も考えましょう

妊活はともかく一人目を授かりたいという気持ちの方が多いと思います。
でも、子供を何人産むのか?二人以上欲しいなら、二人目の子供はいつ産むのか?
ということも考えておかなければなりません。

二人目以降を考える場合、まずは母体の回復期間を考慮しなければなりません。
順調なお母さんであれば、出産後2~3ヶ月で回復すると言われていますが、
でも実際の所、育児のことなど現実的なことなどを考えあわせると、
1~2年は間をあけたいところです。

もうひとつ大事な事として、兄弟の年齢差のことも考えなければなりません。
兄弟姉妹の年齢は、実際問題としてあまり離れないほうがいいでしょう。
2人目以降の出産時期はそんなことも考えて、妊活をこころみてください。

医学的にみれば出産に最も適した女性の年齢は、25歳前後とされています。
理想は25歳ころに初めて出産し、30歳ころまでに産み終わるのが良しとされています。
身体的にはこれが理想とはされていますが、環境がそうそう整わないという事もあります。

ただ25歳で初めての出産ということは、24歳までに結婚が前提になりますから、
晩婚化が進んでいる今の時代ではちょっと難しいでしょう。
妊娠の適齢期でないから妊活を始める。妊活も時代が産んだ言葉なのかも知れません。